前回前々回と、「信頼について考えてみる」というお題で、

RICA連鎖体系のRelationshipとInvolvementについて考えを進めてきました。

今回は、その続きになりますが、Commitment(納得、責任、献身など)について、

見ていきたいと思います。

そもそも、コミットメントという概念は、もともと日本語には無いので、

色々な和訳がされますが、

組織や企業においては「責任のある約束」という意味で使われることが多いようです。

 

RICA連鎖体系の中では、

Relationshipでお互いの信頼を高め、Involvementでメンバーを巻き込めたら、

その後で、Commitmentの段階に入ります。

つまり、お互いに一緒に「やる!」「やろう!」という決意とともに、

合意と納得を取り付けるのです。

この段階では、既に信頼関係が強くなっている為、

多少の意見の食い違いがあっても、

仲間と出した結論に納得するという面があります。

逆に最初の段階がうまく行っていないと、

このコミットメントの段階も上手く行かないということでしょう。

 

合意のための話し合いのポイント

さてさて、「信頼」「巻き込み」と続いて、

ようやく合意形成というところまで来ましたが、

その際に大切なのは、やっぱり「話し合い」ですよね。

 

一般的には目標や実行案、計画なんかを調整しながらやっていくと思いますが、

その際に大事なポイントを次に紹介します。

1.自分の考えを明確に持つこと

2.相手の考えを聞く(聞きながらメモする)

3.相手の考えの不明な点は質問する

4.相手の質問には正しく答える

5.お互いの考えが一致している点を確認する

6.お互いの考えが不一致のものについて、相手の理由を訊く

7.自分または相手の考えが修正できるかを確認する

8.考えが不一致のものについては、どんな条件が必要かを聞く

9.条件を受け入れることによって、お互いの考えが一致するなら、それを確認する

10.受け入れることが出来ない時は、その旨を伝え、双方とも不一致であることを確認する

11.不一致の点について、あらためて次の機会に話し合うことにし、それまでに、どうしたら双方が一致できるか、条件の検討を進めておく

12.全体を通して、お互いの考えの一致、不一致を確認して最終合意する

一通りこれらのことを実行できれば、ほぼ間違いなく合意形成に至るはずです。

また、話し合いの過程で、感情的になったり、

考えの不一致で話し合いが行き詰りになったと感じた時は、

無理にすすめないで、一時中断するのがおススメです。

そして、そうならないように、ソフトタッチな会話でCommitmentを実現しましょう!

では、最後のActionについてはまた次回にいたします。