CFプログラムの基本プロセス

CFプログラムの基本構成は、PDS(PDCA)のサイクルを2回まわします。

1回目の反省を2回目に生かすことで、チームの総合力を開発します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CF(Ⅰ)は規定課題が与えられます。CF(Ⅱ)は、規定+応用課題の中から、
目標を自グループで自主的に
設定し、プログラムに取り組みます。

 


チームワークをシミュレートする

team.png

チームワークとコミュニケーションは、組織である限り永遠の課題です。
CFプログラムでは、プログラムを通じたチームビルディング、課題に取り組む上でのチームワークなど、構成するメンバーがチームとして機能し、仕事としての成果を上げるための方法を導き出します。


CFプログラムの詳細

緻密な計画

受講者に手渡されるのは、チャートと呼ばれるフィールドの地図です。目標攻略に向けてチャートを読み取り、分担して細かく緻密に分析し、それを全員で共有することが求められます。

analysis.png

計画に沿った行動

分析したチャートと目標達成計画をもとに、野外に出てクロスフィールドを実践します。受講者は、役割分担やチームワーク、さらにはそれぞれがリーダーシップを発揮し、計画に沿って考動することが求められます。

plan.png

状況変化への対応

CFプログラムは、計画に沿って行動する基本動作だけではなく、​突発的な事象を意図して設定しており、受講者には、急な変化への対応力も求められます。タイムプレッシャーの中で、焦らず冷静な判断と実行が得点につながり、高い成果を生むのです。

change.png

 

ふり返りと相互アドバイス

CF(Ⅰ)(Ⅱ)と実践した後、プログラムの最後に「ふり返り」として、自分がどうだったのかを自己評価します。加えて相互アドバイスまたは他者評価(もしくはその両方)を実施することで、お互いに「良かった点」「ここはもう少しこうした方がいい点」を明確にし、「自己客観視」をうながします。これは、プログラムに一緒に取り組んで行動したからこそフィードバックできることで、お互いの成長のための課題を教訓抽出します。

furikaeri.jpg

 


バックボーン ー理論背景ー

CFプログラムはモチベーションサイクルの理論を元に設計されています。
人間の行動のもとは意識です。意識が態度を決め、態度が行動を決めます。これはモチベーションの原則で、意識が変わらなければ態度は変わらず、態度が変わらなければ行動も変わりません。その意識は行動を変えることによって変わります。

cf_p02.jpg

 

行動が変わるためには潜在意識が変わる必要があります。潜在意識を変えるには、知的理解だけでは不十分で、行動的理解・納得が必要になるのです。


クロスフィールド研修は、新入社員から管理職まで難易度を変えて実施しています。
詳細はお電話(03-6809-5560)または、お問い合せフォームよりお気軽にお問合せください。