小集団活動が活性化していない。マンネリ化しているなどのお声をよく耳にします。

これらの状況下では、いろいろな問題が考えられますが、

もっとも大きな問題として、そもそも、活動の「目的」が理解されていない、忘れられてい

る場合が多いです。

職場単位の改善活動という大枠の考え方はあっても、本来、企業によって活動のねらいや目

的は少しずつ違います。

この「目的」が不明確になってくると、活動すること自体が目的になってしまい、ヤラサレ

感が高まり、生き生きとしたダイナミックな活動にはなりません。

したがって、活動を活性化させるために最も重要なことは、自社の活動の「目的」を再確認

し、企業の取り組みとして、改めてハッキリさせることです。

特に、支援者層やリーダー層を中心に、「そもそもなぜこの活動をやっているのか」という

目的を明確にすることで、小集団活動がその「目的」を達成するための手段であることを理

解してもらうことが大切です。


小集団活動の目的を再定義、再確認してもらうために必要な教育時間は、おおよそ下記にな

ります。
 

対象:支援者層(3時間~4時間) 

【講習内容(例)】
・活動目的の理解と再確認(なぜやるのか)
・活動の効果を定義する(何をもって効果とするのか)
・支援者の役割​​​​​

 

対象:リーダー(3時間~4時間) 

【講習内容(例)】
・小集団活動の目的の理解
・全員参加・自主管理・職場活動
・小集団活動の効果とメリット

 

短時間でも、研修を通して刺激を与えることにより、目的が明確になり、「その目的の為に

なら活動しよう」という動機付けにもなります。

なんとなく活動している。マンネリ化している。何のためにやっているのか忘れられてい

る。等でお困りの事務局様は、下記よりお気軽にご相談ください。


 お問い合せする ☟ 

必要事項をご入力の上、確認ボタンを押してください。